Blogアロマセラピー

アロマの精油を使った心理分析:アロマアナリーゼ

皆さん、こんばんは!Tomomiです。

今日は、アロマアナリーゼの講座説明会&セッション体験会に参加しました。アロマアナリーゼって何?という声が聞こえてきそうなので、簡単に説明すると藤原綾子さんという方が考案したアロマの精油(エッセンシャルオイル)を使って深層心理を探る分析方法です。12〜15種類の香りの中からクライアントに気になった香りを3本選んでもらい、その選んだ香りのイメージをクライアントに確認し、精油の本来持つ作用と合わせて、セラピストが分析し、精油からのメッセージを伝えてるという手法です。セッションの後には、選んだ精油を使って香水を作ってもらえます。これがとーっても良い香りなんです。

アロマはずっと興味があって、昨年3月に退職した際に、休職期間に習いたいと思っていた事の1つでした。4月に早速、ニールヤードのアロマテラピーレッスン(アロマの入門クラス)を受講し、想像以上の楽しさにはまり、次のAEAJ(日本アロマ環境協会)認定アドバイザー、インストラクター、ハンドマッサージ、ブレンドデザイナーコースを次々に受講して、アロマ検定1級の試験が1番後回しになってしまい、現在資格の認定申請期間待ちという私。(インストラクターは3月に受験予定。)

通常「アロマテラピー」というとボディーマッサージの事を指しますが、私はボディーマッサージのセラピストを仕事にする事にはそこまで興味がなく、精油の香りを使って何か出来れば良いなと思っていました。そんな時に出会った本が、藤原綾子さんの「今日からあなたも精油の翻訳家 香りの心理分析 アロマアナリーゼ」という本でした。早速、読んでみたら本当に面白くって。特に、ヒプノセラピーとカラセラピーを勉強している私にしてみれば、アロマアナリーゼは、深層心理にアクセスする3つ目の手段となり得るツール。興味津々で本日の説明会に参加しました。

本にも書いてありましたが、この手法の要は精油のプロフィールを作成すること。精油の化学や作用はもちろんのこと、精油にまつわる逸話や歴史、学名の由来とかまで深く突き詰める必要があるので、果たしてそこまでできるかな?!と少々不安ですが、精油と仲良くなるためには必要だし・・・と今も悶々と受講の是非について考えているところです。

ちなみに、今日の私の選んだ精油はローズ、ベルガモット、サンダルウッドでした。ローズは「自分の長所も短所も受け入れて愛してあげる、自分を中心に置く」という意味があるそう。ローズのイメージカラーは、私の中でピンクでしたが、ピンク色のパワーストーンローズクウォーツも「自分自信を許し、愛す。」という意味合いがあるので、精油とカラーはやっぱりつながってるのかなと思いました。ベルガモットは、「完璧主義を手放す」「たくさんある選択肢を一度手放して、もう一度握ると必要なものだけ残る。」という意味もあるのだそう。うーん、今の私の状況にあってるかも!?最後のサンダルウッドは社会的経済的な安定。(グランディング)

私が今後こうした事業を始めていく上で、誰に寄り添うかを決めることが非常に大切みたいです。ありがたい助言、ありがとうございます!

今後の展開に乞うご期待です!笑

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です