横浜のヒプノセラピー・カラーセラピー・アロマアナリーゼサロン

ブログタイトル“Harmony with”までの道。

2019/03/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

皆さん、こんばんは!Tomomiです。

正月気分は終わり、今日から本格的にまた1年始まりますね。私も本格的に個人活動始動となるので今日は、活動の原点となるこのブログのタイトル“Harmony with”に辿り着くまでのエピソードを書きたいと思います。

元々起業するならブログとか始めないといけないな・・・でも、公に自分の私生活を曝け出したくないし・・・とブログを始める事にネガティブだった私。ある本に出会って、「よし!ブログはじめよう!」と思ったのが昨年7月。その本に、「将来起業を予定している人は会社名で始めると良い。」的な事が書いてあった。(私の記憶違いかもしれないけど。この本についてはまた後日お伝えします。)

そこで初めは漠然と“〇〇 Garden”っていう名前にしたいなぁと思っていた。将来屋号にするなら皆が付けてない名前がいいな・・・と思いつく限りの名前を片っ端からネット検索すると意外に何件もヒットしたりして。オリジナルドメインも取りたかったから、ここで結構苦戦しました。

そんなある日、カラーセラピスト養成講座で一緒だった方が埼玉の大宮公園でカフェをオープンされて、そのカフェに私の作ったパワーストーンのアクセサリーを置いてくださるという事になり、作ったアクセサリーを納品がてらカフェに遊びに行きました。その時彼女から「何か名前を決めて、ロゴシールとかつけて販売すれば、ともちゃんのパーソナルブランド作品としての値段がつけられるよ。」とアドバイスをいただきました。

「そっかあ。ここでもやっぱり屋号が必要なのか・・・」とただぼんやり考えてた屋号を早急に決めなくてはいけなくなって、色々思考を巡らせつつ、参加したヨガのシャバーサナ(ヨガの最後に休息する時間。瞑想のような状態。)の時。脳裏に“Harmony of the universe”(宇宙の調和)という言葉が浮かんだ!でも、ちょっとスピリチュアル色の強い名前だよなぁ、しかも長い!と思い、初めは“Harmony”だけにしようと思ったけれど、調べてみると色んなお店が検索にヒット。フランス語でも、スペイン語でも調べたけど、結果は同じ。

でも、どうしてもHarmonyという言葉が使いたかった私は、「じゃあ何と調和させたいんだ??」と自問自答を繰り返し、世の中の全ての人や物、時間、空間等との調和だ!という結論にいたり、“be in harmony with …”(…と調和する)という熟語に辿り着き、最終的に“Harmony with”に落ち着いたのでした。ちなみに、“Harmony with”で検索したところ、富山県の方に農業系の会社がありましたが、ドメインが違っていたので、無事 「harmonywith.com」のドメインを取得できたのでした。

私の活動が全てのもの調和できますように!

この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です