Blogマイライフ

魂の軌跡を知る。人生のブループリント:アガスティアの葉①

皆さん、こんにちは!

Harmony withのTomomiです。

 

 

皆さんは、

「アガスティアの葉」を

ご存知でしょうか?

 

 

「アガスティアの葉」とは、

今から5000年前、

 

古代インドに実在した

聖者アガスティアが

 

全人類の個々の運命を

古代タミル語で書き記した

葉っぱのことです。

 

 

 

個人の運命が書き記されてる

この葉っぱ。

 

 

 

言わば、

個人の人生の予言書

(人生のブループリント)。

 

 

「5000年前の人が

5000年後にどんな人が生まれてくるか

わかってたってこと?」

 

 

 

「全人類って76億人近くいる

全人類の個々の予言書なんて

現実的に考えておかしくない??」

 

 

 

などなど、

ツッコミどころ満載ですが、

理屈はわからないけど、

とにかく実在する予言書です。

(しかも、かなり的確!)

 

 

 

 

この予言書は、

インドのナディ・リーダーと呼ばれる

特別な勉強をされた方に

解読していただきます。

 

 

 

人間の指紋には、

108種類の型(?)のようなものがあるようで、

その型のグループから

自分の葉っぱを探していきます。

 

 

 

男性は右手の親指、

女性は左手の親指の指紋を取って、

そこから絞り込んでいきます。

 

 

 

そして、

この葉っぱ、

ご縁のある人しか開けることはできません。

 

 

 

開けたい!と思っても、

葉っぱが見つからない人もいれば、

 

葉っぱがあっても、

開けたいと思わない人もいる。

 

 

その人の信念や

精神的な成熟度など

人生のタイミングが上手くあった時に、

開けることができるようです。

 

 

 

一見、占いの一種のように

感じるかもしれませんが、

アガスティアの葉は

ただの占いとは質が違います。

 

 

もっともっと奥深いのです。

 

 

 

なので、

葉っぱを開けるタイミングは

とても大事なのです。

 

 

 

葉っぱには

自分の今世での

長所、短所、使命、(これから進む)人生

が書かれており、

 

 

 

自由意志ではあるものの、

葉っぱに書かれている道(人生)を進むため

背中を押されるので、

 

 

「人生の扉を開ける」

 

 

という意味もあり、

『葉っぱを読んでもらう』

ではなくて、

 

『葉っぱを開ける』

という表現を使うのだろうと

個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

そんなアガスティアの葉と

何故か

運命的にご縁がつなかったのが、

1年前の今日。

 

 

 

1年前葉っぱを開け、

1年が経過し、

更に次の1年が始まるの…。

 

 

 

葉っぱを開けた後

私の意識や人生が

どのように変わったか、

 

 

 

 

私自身の経過と共に

シリーズでお伝えしたら面白いかなと思い、

 

 

 

今日から不定期で

『アガスティアの葉とその後』

について発信していこうと思います。

 

次回は、

『アガスティアの葉との出会い』

について書きたいと思います。

 

お楽しみに!!!╰(*´︶`*)╯♡

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です