横浜のヒプノセラピー・カラーセラピー・アロマアナリーゼサロン

『日本人』という真のアイデンティティー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

皆さん、こんにちは!

Tomomi です。╰(*´︶`*)╯♡

 

最近、「日本人はコロナウィルスに感染しにくい」とか、

『これから日本が文明の中心になっていく』と言う内容の書籍とか、

日月神示とか、

日本人の『真のアイデンティティー』についての話題を

よく目にするようになりました。

 

皆さんの中で、「私は日本人だ!」と

胸を張って言える人はどれくらいいますか?

 

世界の人たちに向かって、

日本の良いところを自慢げに話せる人、

どれくらいいますか?

 

 

正直私は、日本の良さに気付くまでに、

なんと35年近くかかりました。(^◇^;)

 

人生に夢も希望も見出せず、

「きっと人並みの超つまんない人生送るんだろうな。-_-b」

と思い込んでいた10代。

 

21歳で留学し、留学先のカナダで

ようやく自分の居場所を見つけた20代前半。

 

 

当時、留学先のカナダから更に留学したフランスで

出会ったスウェーデン人のルームメイト。

 

 

いつも

「スウェーデンでは…♪( ´▽`)」

「スウェーデンでは…♡( ´▽`)」と

お国自慢をしていたのが印象的。

 

一方私はと言うと、

自国のことをそこまで嬉しそうに語れる彼女が

羨ましくもあり、嫉妬も感じつつ、

かと言って日本に対してそんな気持ちもなければ、

自慢できることも思い浮かばず…(゚д゚lll)

 

悔しくって、

ようやく居場所を見つけたカナダ自慢で対抗。f^_^;

 

 

当時はよく冗談で、

「国籍は日本だけど、心はカナダ人だから!」

とよく言っていました。

 

そして、よく考えていました。

「なんで私日本人として生まれてきたんだろう?

カナダ人として生まれてこなかったんだろう?」って。

 

その時思ったのは、

「日本のパスポートは世界で一番信頼されているから、

色んな国を訪れるために、日本人として生まれてきたのかな?」

とそれぐらいしか思い浮かばなかった。

 

 

でも、それから間も無くして、

「日本人として生まれてきた理由はそんなことではない!

\\\٩(๑`^´๑)۶////」

と言わんばかりに、見えない力に

大好きなカナダから日本に連れ戻され(T ^ T)、

約10年かけて日本の魅力を学ばさせられました。笑

 

しかも、教えてくれたのは、

国際協力の仕事をしていた時に知り合った

発展途上国から来日する研修員たちでした。

 

 

そこから更に7年の年月を経て、

2019年、学校では学んでこなかった

日本の歴史の背景を知り、

ようやく今自分が日本人であることに対して

誇りを持てるようになりました。

 

現代の日本人は、戦後教育で、

骨抜きにされてしまった結果だという話を良く聞きますが、

 

いくら骨抜きにされても、

私たちのDNAの中に刻み込まれた

本来の日本人の精神性の高さは

残っているのではないかなと思います。

 

 

一人一人がこの事実を思い出し

覚醒していくことが、

これからの時代を生きていくことに

必要になって来るのではないかな…多分。

(少なくとも私はそう信じています。)

 

「自分らしさ」の前に、

まずは自分のルーツである

「日本人」というアイデンティティーを

しっかり持つことができれば、

 

揺らぐことのない自己の自信が

築かれるのだと私は思います。

 

だって、そうすれば、

「あ、私、日本人で生まれてきたのだから、

既に+30点!V( ´▽`)」みたいになるでしょ。

 

きっとこれからそれを思い出させられる

世の中になっていくんじゃないかな。(*^_^*)

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です