横浜のヒプノセラピー・カラーセラピー・アロマアナリーゼサロン

イソップ寓話「アリとキリギリス」もう一つの視点。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

皆さん、こんにちは!

Tomomiです。╰(*´︶`*)╯♡

 

 

皆さんは「アリとキリギリス」の話知っていますか?

 

 

「アリとキリギリス」は

ギリシャの寓話作家イソップが

書いたとされる物語ですが、

皆さんはこの物語をどの視点で認識していますか?

 

 

この物語のあらすじは、

夏の間アリは、冬のために食糧をせっせと集め、

キリギリスはそれを傍目に優雅に音楽を奏でて遊んで暮らして、

冬になった時に食料がなくなり、

アリに助けを求めると、

自業自得とばかりに無残にも見捨てられる・・・Σ(゚д゚lll)

というお話でした。

(ちなみに、最近は、

最後アリがキリギリスを助けると言う

結末に変更されたみたいです…f^_^;)

 

 

だから、

「遊んでばかりいないで、真面目に働こうね。( ˘ω˘ )」

という教訓として私は長年理解していましたが、

 

先日とある動画を観た際に、

「僕は『アリとキリギリス』の話、

子供の頃から違和感感じてたんだよね。」

とおっしゃってる方がいて、衝撃を受けました。((((;゚Д゚)))))))

 

 

その方の視点では、

キリギリスは音楽を提供して皆んなを楽しませてくれる、

今で言うところの「アーティスト」。

 

つまり、遊んでいた訳ではなくて、

自分の才能である音楽を奏でて

無償で皆んなを楽しませてくれていたのだと。

 

なのに、アリは、

「夏の間、働かなかったお前が悪い!」

と困っているキリギリスを見捨てると言う結末…。Σ(゚д゚lll)

 

 

皆さん、どうですか?

この視点で物語を見ると、

全く違う世界観が見えてきませんか?

 

 

私は、今まで何の違和感もなく、

この物語を理解していたので、

キリギリスの立ち位置を変えた時に、

全く逆の価値観が見え、かなりの衝撃を受けました。

 

 

そして、今の時代、

この視点の転換が求められているのでは無いか?

と思ったのです。

 

 

私たちは、皆、「実直に働く『働きあり』であるべき」

と言う社会概念に縛られていたのでは無いかと思ったのです。

 

 

もちろん、「実直に働くことが好き╰(*´︶`*)╯♡」

と言う方も中にはいらっしゃるかもしれないけれど、

本来私たちは、それぞれ何らかの

「得意技」を持って生まれてきています。

 

 

それは、ひょっとしたら、

キリギリスのように「音楽家」としての才能かもしれないし、

「料理上手」かもしれなし、

「話す」ことかもしれないし、

「人を笑顔にさせる」ことかもしれない。

 

 

色んな得意技を持っている人たちを

一括りに「働きアリ」にするのは、

今となってはとても違和感を感じます。

 

 

これからの時代は、

個々が自分の得意技に気付いて、

得意なことをして、社会に還元していく・・・。

 

 

そんな時代になっていくのではないかなと思います。

みんながそれぞれの光を放つ時代。

随分カラフルで綺麗なんだろうな。。。(*^o^*)

 

 

皆さんも、今まで

疑いもしなかった「当たり前」とは違う視点を

探してみてください。

 

 

その違う視点が持てた瞬間に、

思いもしなかった希望や可能性が

浮かんできますよ。(^_−)−☆

この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です