横浜のヒプノセラピー・カラーセラピー・アロマアナリーゼサロン

女性のパワーで世界を平和に!〜前世療法モニターセッション報告〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

皆さん、こんにちは!Tomomiです。

今日もとってもいい天気ですね。皆さんは、どんな日曜日をお過ごしですか?

昨日は、前世療法5人目のモニターセッションでした。5人目になると段々どこにポイントを置いて催眠の説明をすれば良いか分かってきて、マニュアルを基礎として、そこに肉付けした説明ができるようになってきました。「分からなくても、アウトプットする事で、段々分かってくるから、とにかくアウトプットする機会を持ちなさい。」と先生から言われていましたが、本当にそうだなぁと実感しています。

さて、記念すべき5人目のクライアントさんは、「他人が信じられなくて、つい感情的になってしまったり、ネガティブ思考で感情的になってしまうそんな性格が、色んな場面で自分の足を引っ張っている。」というお悩みの方。事前面談で話しているうちに段々と表情が固く、暗くなってしまうくらい苦しんでいらっしゃる様子。

そんな彼女がどんな世界を見せてくれるのかちょっと不安と期待が入り混じる中、いざ催眠の世界へ。すると、さすがヨガの先生をされているだけあって、発想豊なイメージが次から次へと出てきて、私の誘導いらないんじゃない?!っていうくらい。素晴らしい世界観を見せてくれました。

彼女の前世では、女性がまだ仕事を持つ事が当たり前ではなかった時代、母親に反対されながらも、自分の意思で学校の先生として活躍する賢く強い凛とした女性エリザベスでした。また、戦争によってひと時離れ離れになってしまうけど、戦争後は子供の頃から大好きだった旦那さまと愛しい息子に囲まれ、愛情溢れる生活を送り、晩年は不仲だった母親とも和解し、女友達のような関係を気づけたという人生でした。

彼女のセッションで興味深かったことは、エリザベスの人生を終え、中間生でエリザベスの人生をふりかえった時に、なぜエリザベスとして生まれてきたのかという答えが出てきたこととそれに続いて、今世に生まれた理由までたどり着いたことでした。「あ、神さまが「みんな人間は素晴らしい、素晴らしいと言ってるけど、実際はどうなのか確認して来い」って言われて、この世に送り込まれたんだった。エリザベスとしての人生が本当に素晴らしかったからもう一度体験したくて、この世に生まれたんだった。」と。また、母親と築いた女性の絆から「この世の中にはまだ争いごとや戦争があるけど、女性のパワーで平和な世界を作れると信じていて、それに賛同してくれてる魂がいっぱいいるし、もう一回生まれ変わったらそれが実現できると思ってきたんだった。」と生まれてきた大意まで思い出していました。

そして、極め付けは前世のエリザベスから「苦労や辛いことで魂は磨かれる。今世では魂をもっと磨くため、性格ちょっと悪くしといたから、頑張ってね。その苦労を乗り越えてエリザベスのような素晴らしい人生を送って。」と茶目っ気たっぷりのウィットの効いたメッセージがありました。

もちろん、セッションを終えた彼女の顔は、セッション前に見せていた固く、暗い表情は無く、自信に満ちた穏やかな優しい笑顔になり、彼女本来のキラキラ感を取り戻していました。

これは彼女のテーマで彼女から出てきた答えではあるけれど、多くの人にも当てはまる事ではないかなと思います。困難の渦中にいるとなかなか難しいけれど、苦しい時こそ人生を俯瞰する視野を持つ事って大切だなと改めて気づかされました。いよちゃんどうもありがとう。

最後にいよちゃんからのモニターセッションを受けた感想を共有します。

(以下、感想抜粋)

シャバーサナをしているようなリラックスした感覚から、急に誘導によって、名前や顔が出てきたときはびっくりしました!エリザベスって!笑

始まる前はどんな辛いこと怖いことを思い出してしまうのかとドキドキしてたのですが、愛する人と一緒に過ごした愛の記憶を辿ることができ、本当に心が穏やかになりました。セッション前にウジウジしていたことも、気持ちが晴れ、このままエリザベスのように信じた道を進めそうです!

この記事を書いている人 - WRITER -
Tomomi
20代前半の留学経験で培った語学を活かし、国際派としてのキャリアを積むが、家と職場の往復の生活に疑問を持ち、体力の限界を感じ始め、「自分にとっての人生とは、幸せとは何か?」について深く考えるようになる。 2018 年 3 月、契約満了を機に退職し、新たなキャリアパスを模索する。以前より興味のあったアロマセラピー、カラーセラピー、ヒプノセラピーを学び、「心・身体・精神」のバランスを整える事で健全な状態を保つ事ができるという自然療法の思想に深く共感する。また、これらのセラピーから得られる自分で『自分の中にある答え』に気づきがもたらす、大きな癒しの力を体感し、かつての自分のように仕事ばかりで本当の自分を見失って、人生の迷子になっている人達の役に立ちたいと思い、2019 年 2月よりセラピストとしての活動を開始する。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です